知ると選択し易い永久脱毛の仕組み

ムダ毛と脱毛の仕組み

いわれるムダ毛といわれる体毛はおよそ全体の30~35%であとの65~70&は身体の中にあります。体毛には休止期、成長期、後退期の3種類があり、休止期は次の成長まで休んでいる為毛根には毛がありません。後退期の体毛もすでに毛根に活力がなくやがて抜け落ちる為、私達の身体には成長期の体毛だけが存在します。
成長期の体毛も部位により異なり頭(髪の毛)は全体の80~90%、顔で30~49&、膝下、膝下、膝下、アンダーヘアで20~30%です。休止期、成長期、後退期を毛周期と呼び、この周期に合わせて脱毛は施術されます。
体毛は毛根の中の毛乳頭から血中の栄養を吸収して毛母細胞に送り、細胞分裂を繰り返し成長していきます。この細胞分裂で分泌されるものがメラニンです。脱毛はメラニンに吸収される波長の赤外線を使用する為、成長期の毛根のみ反応します。その為周期に合わせた数回の施術により永久脱毛ができます。
髪の毛は4~6年の毛周期ですか、その他は大体2~3ヶ月ですから、施術は1.5から2ヶ月に一度、サイクルとして五回程度必要です。回数に個人差はありますが2~3年後にまた生えたとしても、全体の20%以下なので永久脱毛の範囲内で気になる程ではありません。

関連情報
vioを脱毛クリニックで行う理由
安心の脱毛クリニックでvio脱毛

永久脱毛の種類と仕組み

永久脱毛にはレーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛の3種類があります。医療機関のクリニックではレーザーとニードル、エステサロンではフラッシュ、ニードルの施術を行っています。仕組みや原理でレーザーとフラッシュは共通していますが、使用されるマシンのレベルは全く違います。
クリニックでのレーザー脱毛に使用されるマシンは照射出力の強さから医師免許が必要です。黒や茶色の色素に吸収される照射レベルは高く確実に効果は得られるますが、色素の薄い細毛には効果は期待できません。しかし黒や茶色の毛母細胞は完全に破壊しますので永久脱毛に適しています。そのレベルの高さで効率良く施術する為回数も軽減できます。まれに熱による火傷の不安も対処が早く安全です。
エステでのフラッシュ脱毛も同じ仕組みのマシンですが照射レベルがレーザーより低くなりますので施術回数は多めになります。しかし痛い、肌への負担、火傷などの不安はありません。エステサロンも競争が激化していますので営業時間、回数による料金割引など利用し易くなって来ています。回数を重ねる事で永久脱毛も可能です。
ニードル脱毛は全く仕組みが違い直接毛根に針を刺し微電流を流して破壊します。
従来はこの脱毛が主流で一つずつ毛根を攻撃する為永久脱毛に向いています。

参照
永久脱毛のススメ.com - http://xn--u9j5ha4nu06lod0btsaj65k.com/